コラム|横浜みなとみらい駅から徒歩3分の歯科医院 | ランドマーク歯科三島

診療時間
9:30~14:30
16:00~20:00

※祝祭日は休診です※最終受付は診療時間の30分前です
▲:~19:00
★:9:30~16:30
新型コロナウイルスの影響で、急遽診療時間の変更またはお休みをいただく場合がございます。ご了承ください。
※基本的には予約制とさせて頂いております

〒220-8107
神奈川県 横浜市 西区
みなとみらい2-2-1
ランドマークタワー7F
クリニックフロア

tel. 045-222-5655
  • 地図
  • メニュー

保険診療の銀歯をセラミックの白い歯にする人が増えている理由

こんにちは。
 
横浜みなとみらい駅から徒歩3分の「ランドマーク歯科 三島」です。
 
 

近頃、「銀歯を白い歯にかえたい」という希望する人が増えています。
 

銀歯による歯科治療は、昔はあたりまえに行われていました。
 
銀歯は金属なので強度があり、しかも保険診療が適用します。比較的安価に治療できることが大きいでしょう。
 
ところが、歯科医療の先進国である欧米などでは銀歯の治療は行われていません。ドイツでは完全使用禁止、スウェーデンでは妊婦・子どもが使用禁止です。
 

日本では銀歯治療が普通に行われていますが、世界的には「なぜわざわざ銀歯を入れるの?」と、不思議なこととして見られているようです。
 
 

銀歯は口内で溶け出しやすい

なぜ銀歯治療世界的にリスクありとされているのか…その理由は、水分にさらされるとイオン化しやすい性質にあります。
 

銀歯の成分が口内で溶け出すと、さまざまな健康への弊害を引き起こす可能性があります。
 
 

銀歯は通称で、金属の種類は「金銀パラジウム合金(俗称キンパラ)」といって、金・銀・銅・パラジウム・亜鉛・スズなどの合金です。
 
ここには、アレルギーの原因になりやすい金属が含まれているのです。
 
 

金属アレルギーなどのリスク

銀歯が及ぼすリスクには、まず金属アレルギーが挙げられます。
 
しかし実際に歯科材料による金属アレルギーが明らかにされたケースは、それほど多くありません。
 
というのも、銀歯があるのは口の中。しかし実際にアトピー性皮膚炎湿疹水ぶくれなどの症状がでるのは口から離れた手足の先などです。
 
体調不良の原因が口内にあることに気付いていない人が多い可能性があるのです。
 
金属アレルギーの他にも、銀歯と歯ぐきの境い目に黒ずみが出やすかったり、銀歯の下でむし歯が再発しやすかったりするのも銀歯の特徴です。
 
こうしたさまざまなリスクから、近頃では銀歯を止める人が増えています。
 
 

セラミックの白い歯は予算で選べる

銀歯を白い歯に変身させる歯科材料として注目されているのが「セラミック」です。
 
見た目が美しく、天然歯よりも強いセラミックは、その優れた特性から高価なイメージがあるかもしれませんね。
 
実はセラミックには多彩な種類があります。
 
人工ダイヤモンド「ジルコニア」を使った頑丈なセラミックもありますが、中には歯科用プラスチック「レジン」を配合して利便性を高めた「ハイブリッドセラミック」という種類もあります。
 
予算やお口の状態に合わせて、ご自身に合った適切なセラミック治療を選べます。
 
 

「銀歯を白いセラミックの歯にかえたい」と興味をもたれたなら、ぜひランドマーク歯科 三島へご相談ください。
 
美しさと健康を取り戻すために、お口の状態を診て、どんな治療が最適なのかご提案します。