コラム|横浜みなとみらい駅から徒歩3分の歯科医院 | ランドマーク歯科三島

診療時間
9:30~14:30
16:00~20:00

※祝祭日は休診です※最終受付は診療時間の30分前です
▲:~19:00
★:9:30~16:30
新型コロナウイルスの影響で、急遽診療時間の変更またはお休みをいただく場合がございます。ご了承ください。
※基本的には予約制とさせて頂いております

〒220-8107
神奈川県 横浜市 西区
みなとみらい2-2-1
ランドマークタワー7F
クリニックフロア

tel. 045-222-5655
  • 地図
  • メニュー

むし歯予防の効果をUP!3つのポイント

こんにちは。
 
横浜みなとみらい駅から徒歩3分の「ランドマーク歯科 三島」です。
 
 

むし歯予防のポイントは、3つにまとめられます。
 
1.歯質の強化
 
2.むし歯の原因菌を減らす
 
3.シュガーコントロール
 
この3つのポイントを大切にしたむし歯予防を、毎日継続していくことが大切です。
 
 
欧米などの予防歯科の先進国では、こうした3つのポイントを励行すれば、「むし歯は予防できるもの」と考えられています。
 
そうは聞いても「歯を強くする?むし歯菌を減らす?具体的にどうすればいいの?」と疑問に思う人が少なくないかもしれませんね。
 
具体的に何をすればいいのか、というと、
 
1.フッ素ケア
 
2.こまめな歯磨き
 
3.ダラダラ飲食をやめる
 
この3つです。意外と簡単そうに思えませんか?
 
 

1.フッ素ケア

フッ素配合の歯磨き粉を使い、ブラッシングの後はお口全体に成分がゆきわたらせます。水でのゆすぎはやらないか、もしくは軽く1回程度に留めるといいでしょう。
 
歯がフッ素コートされるように、歯磨きの後は2時間くらい飲食を避けましょう。
 
お子さんの場合は、歯科で「シーラント」を受けておくのも、おすすめです。
 
むし歯になりやすい奥歯の噛み合わせ部分の溝を、あらかじめ歯科材料で埋めてしまう予防法です。
 
 

2.こまめな歯磨き

食後は、むし歯菌が口内環境を酸性に傾け、歯の表面が溶けやすい環境になります。
 
できるだけ早く歯を磨いて口内環境を中和させ、歯が溶けにくい状態に戻しましょう。
 
そして、最も忘れてはいけないのが、夜寝る前の歯磨きです。
 
睡眠中はむし歯菌が活発化するため、むし歯ができやすいタイミング。寝る前に歯を磨き、できるだけむし歯菌を減らしておきましょう。
 
 

3.ダラダラ飲食をやめる

いつまでも飲食物を口にしているダラダラ食べ、ダラダラ飲みがいちばん歯に悪いといえます。
 
むし歯菌にエサを与え続けることになってしまわないよう、食べる時間を決めておくようにします。
 
食べ終わったら歯を磨く、水や薬用デンタルリンスで口をゆすぐなどして、むし歯を予防しましょう。